Wete Ambela Coffee Mekuria Mergia

Mekuria Mergiaメクリア・メルジア

Wete Ambela Coffeeウェテアンベラコーヒー

最強の二人が創る新時代のスタートアップ

私たちはメクリアとエリアスと一緒に、四駆の車でグジのウォッシングステーションに向かっている。イルガチェフェとはまた違う自然環境。ゆるやかに隆起した緑の丘と、砂埃舞う赤土のオフロードを交互に走り抜ける。カラフルに塗られた家の壁、川で洗濯をする人、ゆったりと草をはむ牛。そんな光景を目に映しながら、車内でひたすら続く彼らの会話に耳を傾けていた。

その日は週末で、月曜日からカップオブエクセレンスのエントリーが始まるということで、彼らはその話題でひたすら盛り上がっていた。ガタガタ揺れる車の中でずっとしゃべり続けている。エチオピアの言葉で話していたので、私は頭の中で何を話しているか想像していた。「何位になるか楽しみだな」「いくらで売れると思う?」「ゲデブのあの農家はアナエロビックを出すらしいね」「何時間発酵させたんだろう?」きっとそんなことを延々と話しているのだろう。その様子に私は親近感を覚えた。「スタートアップってこういう感じだよね」と。考えること、話し合うことは無限にあり、アイデアは尽きることがない。

インディペンデントな生産者

ウェテアンベラコーヒーは2018年創業のスタートアップである。彼らの創業の背景にはECXの規制緩和がある。2017年にECXのルールが変わり、輸出ライセンスの取得が比較的容易になり、制度上ダイレクトトレードが可能になった。2020年に初のカップオブエクセレンスが開催され、世界中のバイヤーが沸いたことは記憶に新しい。それをきっかけに多くの生産者やサプライヤーが起業した。

代表のメクリアは、元々イルガチェフェのホテルを家族で経営していたが、24年前コーヒービジネスに転向し、小規模生産者からコーヒーチェリーを購入しエクスポーターに提供するサプライヤーを営んでいた。その顧客にはモプラコやBNTなど著名な会社が名を連ね、彼の実力を物語っている。2017年頃、彼はすでにウォッシングステーションを所有し精製や発酵の技術を備えていたので、規制緩和は渡りに船だった。すぐに輸出ライセンスを取得し起業した。

今エチオピアではこうしたインディペンデントな生産者が増えている。数百袋単位など大きなロットが大半を占めるエチオピアだが、これからは中米のように農園名や生産者名が明記されたロットが増えるだろうし、精製方法や品種なども多様化するだろう。

お金、食事、教育

メクリアは長年の経験を通じて小規模生産者と深くつながり、品質の高いコーヒーを手に入れることができる。彼が生産者と信頼関係を築くために大切にしてきたことがある。それは「生産者の生活環境を整えること」だ。

私たちはメクリアが所有する農園の近くにある小学校を案内してもらった。教室を見学していると、こどもたちが私たちの周りを取り囲み、最終的には校庭がいっぱいになるほど集まった。外国人が珍しいのだろう。メクリアは定期的にこの小学校に出資して、教室を増やしたりペンやノートなどの学習用品を提供している。「私は農家にとってこどもの教育が最も重要だと考えているので、この小学校に継続的に出資しています。ほかにも病院を建てたり発電所をつくる計画もあります」とメクリアは語った。

道中私が「農家は何をモチベーションに働いているのですか?」と質問すると「品質が高いコーヒーに対するプレミアムの支払いと、私たちが提供するランチだね」という答えが返ってきた。それは私が期待していた答えと少し違っていた。私は無意識に働く喜びや誇りというような答えを期待していたのだ。「お金や食事以外に何かない?」と尋ねても、メクリアは不思議そうな顔をするのみであった。

エチオピアの人々は振る舞いも服装もエレガントなので、貧しさをあまり感じさせないが、本当にシンプルな暮らしをしている。彼らにとって最も重要なのは、お金、食事、そして教育なのである。私たちはそれらを日々当たり前のように享受しているので、それを働くモチベーションと捉えられない。このギャップは強く印象に残っている。

最強のふたり

ウェテアンベラコーヒーの主要メンバーは、メクリア・メルジアとその妻エナテネシュ、エリアスの三人だ。彼らは首都アディスアベバの中心部にあるビルの四階にオフィスを構えている。イルガチェフェのWote Konga、グジのHambelaにそれぞれウォッシングステーションを持っているので、その二つの地名を組み合わせてWete Ambelaという名前を付けた。

妻のエナテネシュは、十年間モプラコのクオリティマネージャーとして働いていて、取引先だったメクリアと出会った。エリアスはエクスポーターとしてメクリアと仕事をするうちに意気投合して、一緒に起業することを決めたという。

「創業当時から特に苦労したことはありません。なぜなら私たちはお互いの強みを活かしながら、バランス良く仕事ができているからです。メクリアはコーヒーの生産や精製において長年の経験がありましたし、私はもともとエクスポーターで働いていたので、その領域に関してはプロフェッショナルでした。私たちは力を合わせて順調なスタートを切ることができました。うまくいっている秘訣は、お互いの仕事に集中していることでしょうね。メクリアは生産、私は輸出、それぞれの場所で自分の力を最大限に活かして仕事をしています」とエリアスは語る。

メクリアとエリアスの性格は対照的である。メクリアは陽気で大胆なタイプ。車の中でも常に喋っているのはメクリアで、大きな声で豪快にガハハと笑う。そして本当によく食べる。午前中から生肉の刺身やユッケのようなもの、チーズなど、大量のエチオピア料理をぺろりと平らげる。本当にパワフルな男である。

エリアスはその真逆で、冷静沈着、流暢な英語を話し、ひとつひとつ確認するように話をする。ひとり静かにコーヒーをすすり、来訪者である私たちをきめ細かく気遣う。この二人の化学反応が、ウェテアンベラコーヒーを成功に導いているように思えてならない。

その二人を支えるのがエナテネシュである。実は彼女こそがこの会社の社長である。ビジネスウーマンというよりは、明るく世話好きなお母さんという印象の女性だが、裏ですべてを握っているのはエナテネシュであると私は睨んでいる。

エチオピア訪問の最終日、アディスアベバの郊外にあるメクリアの自宅を訪れた。中心街から車で30分ほどの閑静な住宅街である。到着すると二人の可愛い娘さんが庭先でコーヒーセレモニーを披露し、歓迎してくれた。

エナテネシュはエチオピアの家庭料理に腕を振るってくれた。レストランではなく家に招いてくれたことがとても嬉しかった。私たちはテーブルいっぱいに並べられた手料理を食べながら、いろいろなことを話した。お互いの事業の進捗や、今年の目標について。彼らは今年新たなウォッシングステーションを二つ建てるらしい。去年より今年、今年より来年、お互いに高め合っていく。ロースターさんとも、一年、その次の一年と、時間をかけて積み重ねていく。すでに出来上がった関係性よりエキサイティングで、ワクワクする未来が待っている。空港まで送ってくれたメクリアに手を振りながら、そんなことを考えていた。

Mekuria Mergia

Wete Ambela Coffee
Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう