Meet the Producers

Wete Ambela Coffee

Specialty Coffee Journey

-The future of coffee-

We are all different and all wonderful. So is Coffee :)

Coffee
Community

ダイレクトトレードで
コーヒーはひとつになる。

コーヒーを愛する全ての人が
ダイレクトトレードでひとつになる。

TYPICAは、世界中のあらゆるコーヒー生産者とロースターが、希少で個性豊かなコーヒーを麻袋1袋からダイレクトトレード(直接取引)することができるオンラインプラットフォームです。生産地の風土、生産者一人ひとりの手によって育まれたコーヒーの多彩な個性をお届けします。

Find Roasters!

Narratives

生産者とロースターの物語り

Video

映像

Meet the Roasters Video

11:49

Nagasawa COFFEE

岩手県盛岡市に店舗を構えるNagasawa COFFEE。店主の長澤さんは、東日本大震災後、避難所でボランティアをした際、コーヒーの持つ“豊かさ”を実感。ささやかな日常の幸せに寄り添う一杯を通して、「地方でもやれる」ことを証明し続けている。

Meet the Roasters Video

5:42

Raw Sugar Roast

一杯のコーヒーは、ただ焙煎、抽出するだけのものではなく、ただその味を楽しむだけのものでもない。コーヒーの概念を変えていくことを目指すRaw Sugar Roastは、一杯のコーヒーの向こう側にある物語りを通して、飲み手と作り手を繋げている。

Meet the Roasters Video

4:44

Kurasu

日本のコーヒー文化を世界へと発信しているKurasu。国内外合わせて6店舗を展開しており、京都市内の3店舗でも異なる体験ができるのが特徴だ。コーヒーという共通言語で集まった多様なメンバー構成は、人材の定着が難しい業界に新しい風を吹き込んでいる。

What’s TYPICA?

もっとTYPICAを。もっとコーヒーを。

Journal

地球ぐるっとコーヒー風土記

第9回

先住民の自立の手段として~誇り高きボリビア

TYPICAが2022年10月に東京で行った初の年次総会に、海外から最も多く参加したのはボリビアでした。コーヒーの世界、それも高い精度を求められるスペシャルティコーヒーでは、ほとんど目にすることのない国です。不思議に思えますよね。

TYPICAが2022年10月に東京で行った初の年次総会に、海外から最も多く参加したのはボリビアでした。コーヒーの世界、それも高い精度を求められるスペシャルティコーヒーでは、ほとんど目にすることのない国です。不思議に思えますよね。

第8回

太陽の汗、月の涙~ペルーコーヒーの魅力は民の力

ペルーを漢字で書くと「秘露」…。秘境を連想します。自然条件はまさにそう。国の中央を標高6000m級のアンデス山脈が縦断し、切り立った峰の東側はアマゾンにつながるジャングル、西側の太平洋岸は砂漠です。高山と密林と砂漠という、人間にとって住みにくい三拍子がそろった土地柄です。

ペルーを漢字で書くと「秘露」…。秘境を連想します。自然条件はまさにそう。国の中央を標高6000m級のアンデス山脈が縦断し、切り立った峰の東側はアマゾンにつながるジャングル、西側の太平洋岸は砂漠です。高山と密林と砂漠という、人間にとって住みにくい三拍子がそろった土地柄です。

第7回

暴力がはびこる国のマイルドなコーヒー~コロンビアの憂鬱

南米大陸の入口に当たる国コロンビアは、名高いコーヒー以外にも魅力的な特産に事欠きません。黄金、エメラルド、麻薬、蘭の花…。共通しているのは、人間の心を異常なまでにときめかせ、人生を誤らせがちなことです。 コロンビア・コーヒーはマイルドなことで有名ですが、この国の社会を支配してきたのは暴力的な風潮です。政治対立から内戦が続き、今でもゲリラがいる南米唯一の国です。おまけに麻薬マフィア。この国が生んだノーベル賞作家ガルシア・マルケスが描くおどろおどろしい世界です。そこになぜマイルドなコーヒーが生まれたのでしょうか?

南米大陸の入口に当たる国コロンビアは、名高いコーヒー以外にも魅力的な特産に事欠きません。黄金、エメラルド、麻薬、蘭の花…。共通しているのは、人間の心を異常なまでにときめかせ、人生を誤らせがちなことです。 コロンビア・コーヒーはマイルドなことで有名ですが、この国の社会を支配してきたのは暴力的な風潮です。政治対立から内戦が続き、今でもゲリラがいる南米唯一の国です。おまけに麻薬マフィア。この国が生んだノーベル賞作家ガルシア・マルケスが描くおどろおどろしい世界です。そこになぜマイルドなコーヒーが生まれた…

第6回

運河が引き寄せたコーヒー~ゲイシャを舞台に押し上げたパナマ

見渡す限り360度が海。大海原を航行する客船のデッキから見る風景は壮観です。まして早朝、水平線上に昇る朝日を眺めるのは格別。熱帯のカリブ海では太陽がひときわ力強く、上昇しながら熱線のような陽ざしを照射します。まるでストーブの間近にいて全身が焼かれるよう。まぶしい光を浴びながらコーヒーを飲むと、生命力がみなぎります。 カリブ海を南下しパナマへ。「スペシャルティ・コーヒーの最高峰」と言われた伝説のコーヒー、エスメラルダ・スペシャルの産地です。

見渡す限り360度が海。大海原を航行する客船のデッキから見る風景は壮観です。まして早朝、水平線上に昇る朝日を眺めるのは格別。熱帯のカリブ海では太陽がひときわ力強く、上昇しながら熱線のような陽ざしを照射します。まるでストーブの間近にいて全身が焼かれるよう。まぶしい光を浴びながらコーヒーを飲むと、生命力がみなぎります。 カリブ海を南下しパナマへ。「スペシャルティ・コーヒーの最高峰」と言われた伝説のコーヒー、エスメラルダ・スペシャルの産地です。

News

TYPICA代表取締役CEO後藤のインタビュー記事が中小機構の「J-Net21」に掲載されました

2024年5月23日付けで、独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が運営するウェブサイト「J-Net21」に、TYPICAの代表取締役CEOの後藤のインタビュー記事が掲載されました。 「J-Net21」は、…

第一生命からTYPICAへのインパクト投資についてニュースリリースが発行されました

TYPICAが2024年3月に行った総額15.5億円の資金調達には、第一生命保険株式会社(以下、「第一生命」)からの1億円の投資が含まれています。この出資は、第一生命がESG投融資の一環として行っている「インパクト投資…

第三者割当増資により総額15.5億円の資金調達に関する契約を締結。

高品質なコーヒーのサステナビリティを追求するグローバルベンチャー企業、TYPICA Holdings株式会社(代表:後藤将、山田彩音、浅子信太郎)は、第三者割当増資により総額15.5億円の資金調達に関す…

Japan Venture Awardsで中小企業庁長官賞を受賞しました

TYPICAの代表取締役CEOの後藤将が、独立行政法人中小企業基盤整備機構が将来有望なベンチャー企業の経営者を称える「第23回 Japan Venture Awards」で中小企業庁長官賞を受賞しました。 …

第23回 Japan Venture Awardsにノミネートされました

独立行政法人中小企業基盤整備機構が将来有望なベンチャー企業の経営者を称える「第23回 Japan Venture Awards」に、TYPICAの代表取締役CEOの後藤将がノミネートされました。 …

TYPICAが4名の執行役員を任命、3名の代表取締役を各領域で支える経営体制を確立

4名の執行役員は、各自の得意領域と実務経験を生かしながら、一丸となって事業運営をリードし、TYPICAの成長に貢献する。高品質なコーヒーのサステナビリティを追求するグローバルベンチャー企業のTYPICAは、2023年1…

Blog

2024.04.20

競い合う場ではなく、個性を育み合える場:TYPICA GUIDE 2024を終えて

コーヒーを愛するすべての人々が本当に美味しいコーヒーと出会うためのガイドサービス「TYPICA GUIDE」のファイナルラウンドが、2024年3月20日、東京は築地近くの東京ポートシティ竹芝で開催され、青森のCOFFEEMAN goodが3...

2024.01.17

TYPICA Lab 第二弾】グアテマラ・エルサルバドル編 参加者募集!

今回の生産国は・・・グアテマラとエルサルバドルです! TYPICA Labとは? 世界中のロースターがコーヒー生産者のもとを訪れ、初めての体験や新たな出会いによって変容する唯一無二の旅です。過去の旅の様子はこちら 今回の旅のコンセプト 今回...

2024.01.01

新年あけましておめでとうございます

代表取締役CEO 後藤将/代表取締役CQO 山田彩音/代表取締役CFO 浅子信太郎 新年、あけましておめでとうございます。旧年中も大変お世話になり、まことにありがとうございました。皆さまのおかげで、社員一同、清々しい気持ちで新年を迎えること...

2023.08.22

TYPICA Lab 2023】ボリビア編 参加者募集!

TYPICA Labとは? ロースターが生産地に集い、コーヒーのサステナビリティをともに探求する旅。また、ともに旅をするロースターや生産者との非日常な経験や対話を通じて、ロースターとしての理想的なビジョンがディベロップメントされる時間です。...

2023.07.01

プロダクトチームが始動します

2023年8月、TYPICAのプロダクトチームが始動します。チームが変革を担うオンラインプラットフォームは、高品質なコーヒー、生産者/ロースターによるコミュニティと並ぶTYPICAの大切な柱です。生産者とロースターが真の意味で繋がり、より自...

2023.06.01

Seoul Homeでオープニングイベントを開催しました

4月27〜30日の4日間、韓国拠点であるSeoul Homeで初のオープニングイベント(招待制)を開催し、82ロースターが参加しました。参加者はダイレクトトレードされたニュークロップのカッピングや、TYPICA Labで生産地を訪ねたロース...