Spacer

KARIOMONS COFFEE ROASTER

「MORE THAN JUST A COFFEE 1杯のコーヒーにとどまらない体験を」というスローガンを掲げ、主に10件ほどのコーヒー生産者とのダイレクトトレードを行っているカリオモンズコーヒーロースター。2009年、ケータリングカーから出発し、現在は“すでにある”空間に新しい生命を吹き込んだ2店舗を長崎県内に構えている。コーヒーを通して生き方を見つめ続ける創業者・伊藤寛之さんの物語りとは。 ※文中敬称略 世に出ていない、まっさらな存在 コーヒー店やカフェに限らず、店や会社の屋号には創業者の思いや個性、価値観、哲学が宿るものだ。2009年に産声をあげた「カリオモンズコーヒーロースター」もその例に漏れず、創業者である伊藤のオリジナリティが映し出されている。 「カリオモンは、エチオピアの言葉で『コーヒーセレモニー』を意味しています。エチオピアの文化的、伝統的な習慣であり、今では行事や儀式のように捉えられていますが、そもそもは日常に連なっているひとときというか、狩猟民族が狩りから帰って来た後にお茶をする時間や空間を表す言葉として使われていたようです。 僕が惹かれるのは、『カリオモン』という言葉のふわっとして言語化しきれないところ。言葉にはとても長い歴史があるのに的確な表現が見つからないこと...

カリオモンズコーヒーロースター

[営業時間]
月木金 12:00-18:00 / 土日 10:00-18:00
[定休日]
火・水
Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう