Spacer

OBROS COFFEE

2016年5月、福島県郡山市にオープンしたコーヒー店「OBROS COFFEE(オブロスコーヒー)」。創業者は、地元で生まれ育った荻野兄弟。「兄弟で店をやるのは自然なことだった」と口をそろえる兄の荻野夢紘(ゆめひろ)さん、弟の稚季(わかき)さんに話をうかがった。(文中敬称略) 思いがけないコーヒーとの出逢い 2016年に荻野兄弟がオブロスコーヒーを開業後、日々接客するなかで再構築した「コーヒーとの思いがけない出逢いを創るお店」というコンセプトは、実質的には15年前に生まれている。 当時、商業高校に通う高校3年生だった兄の夢紘は、卒業後の進路が定まらずに思い悩む日々を送っていた。そんなある日、近所のカフェで出逢ったラテアートには、人生の方向性を決定づけるほどのインパクトがあったという。 「コーヒーを飲みに行ったつもりだったので、まさか目で楽しむアートの要素に触れるとは思ってもみなかったんです。自分もそういう驚きを誰かに提供する側にまわりたい。そんな思いが芽生えるとともに、コーヒーで生きていくことを決めました。自分が想定していたコーヒーとは結びつかない、それこそ思いがけないコーヒーに出逢えた体験が大きかったですね」 それから約8年後、弟の稚季も同じような体験をしている。20歳の頃、兄に連...

OBROS COFFEE

Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう