Spacer

KENYACOF

Kenyacof ケニアコフ

ヨーロッパのコーヒーロースターを訪れると、32cupと書かれた麻袋を多く目にするだろう。32cupはスカフィナスペシャルティと名前を変えたが、ヨーロッパでは最もメジャーなインポーターの一つである。そのスカフィナの姉妹会社であるケニアコフは、ケニアの小規模生産者とロースターをつなげる役割を果たすマーケティングエージェントであり、ドライミルであり、エクスポーターである。ケニアコフはカハワ・ボラ社というドライミルを所有しており、小規模生産者や協同組合のハブとなっている。ケニアの小規模生産者が生産できる量は、パーチメントで50袋に満たない。これまでそのような小さなロットは混ぜて大きなロットに統合されていたが、カハワ・ボラ社は1袋からマイクロロットを管理し、トレーサビリティの確保に努めている。 私たちはケニアコフとロックバーンに同時期に接し対比することで、ケニアで今何が起きているか深く理解することができるのではないかと考えた。多国籍企業のケニアコフと、ケニアに根差し祖父の代から農業を営むロックバーン。それぞれどのようにケニアのコーヒー生産に向き合っているのだろうか。 ...

Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう