Spacer

BAGTOWN COFFEE

2019年4月、広島市内にオープンした自家焙煎コーヒー店「BAGTOWN COFFEE」。40歳手前で脱サラ後、43歳でコーヒーの世界に足を踏み入れた店主の山本篤司さんは、49歳の“若手”である。「おいしいお寿司屋さんのようになりたい」と語る山本さんに話をうかがった。 ※文中敬称略 自分から選択肢を狭めたくない 広島市の中心部に位置し、さまざまな業種のチェーン店も数多く立ち並ぶ中四国最大級の商店街「本通」。その通りに並行して走る裏通り、通称「うらぶくろ」には、飲食店やアパレルショップ、雑貨店、ヘアサロンなど、“インディーズ”を中心とした約270の店舗が軒を連ねている。その一角に佇んでいるのが、BAGTOWN COFFEEだ。 店内には、コマーシャルコーヒーからスペシャルティコーヒーの最高峰であるパナマ・ゲイシャまで、多種多様なコーヒーが並んでいる。価格帯も100gあたり550円~4000円と幅広い。 「僕自身はスペシャルティコーヒーを推したいのですが、朝ごはんのときに何も考えずにゴクゴク飲める手頃な値段のコーヒーもあっていいのかなと。そもそもコーヒー豆しか扱っていないのだから、自分から選択肢を狭めたくないんですよね。 だからうちは、『スペシャルティ』という言葉は店内でもSNSでも一切...

BAGTOWN COFFEE

[営業時間]
11:00-19:00
Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう