Spacer

ecoma coffee

埼玉県・草加市。高度経済成長期からベッドタウンとして知られるこの市では、草加駅周辺をはじめ複数の商店街が栄えてきた。ところが年を経るにつれ人口が流出し、空き家や空き店舗が増加。「寝に帰る街」と言われていた草加市はこの状況を危惧し、2016年に「草加リノベーションまちづくり構想」を打ち出した。使われなくなった遊休不動産を活用して産業を生み出し、街を活性化させるその取り組みで、柱の一つとなっているのが「リノベーションスクール」だ。 都内出身の安部順平さんはこのスクールに参加し、半ば担ぎ出されるような形で、2018年にecoma coffeeを開業した。縁もゆかりもなかった土地に移り住み、自分自身の変化と向き合いながら店を育ててきた安部さん。思いがけず店を営むことになった草加で、今何を考え、何を見据えているのか。(文中敬称略) ポートランドで見た、理想のカフェを形に ecoma coffeeは、草加駅からほど近い商店街の中にある。すぐ近くには、昔ながらの酒屋や数代続くハンコ屋があり、店の真向かいには同じく「リノベーションスクール」から誕生したバルがある。古い店舗と新しい店舗が混在するこの商店街は、江戸時代から日光街道として賑わってきた歴史ある通りだ。だが近年は、シャッターが降りたままの店舗...

ecoma coffee

[営業時間]
火〜金 7:00-18:30 土日 8:30-18:30
[定休日]
Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう