Spacer

coffee uno

2018年10月、三重県鈴鹿市、近鉄白子駅前の商店街の一角にオープンしたスペシャルティコーヒー専門店「coffee uno」。マスターの樋口晶生さんは、30歳までに自分の店を出すという目標を胸に、大学院を中退し、名古屋市内のカフェと老舗コーヒー店で計8年間修業。「お世話になってきた人や同業者と競合しない」場所として、地元である鈴鹿市で店を開くことを決めた樋口さんの物語りとは。※文中敬称略 心地よい距離感を保つ 名古屋駅まで特急で約40分。朝夕は名古屋に向かう通勤客も多く、「鈴鹿市の玄関口」とも呼ばれる近鉄白子駅前西口には、30〜40の個人商店や居酒屋が軒を連ねる商店街がある。 夜のみ営業を行う居酒屋や飲食店が約半数を占めるため、昼は“シャッター通り”のように錯覚する商店街は、夜になるとまた違った顔を見せる。その一角で、coffee unoは2018年10月から営業を続けている。 「コロナ前までは、居酒屋でお酒を飲んでからコーヒーを飲みに来るお客さんも多かったので、店は23時まで営業していました。僕自身、夜にコーヒーを飲める店はけっこう好きなので、そういう店をやるにはこの商店街はぴったりだったんです」 テーブル席の上に吊るされた暖色系の裸電球に、白い壁と調和したシックな色合いのテーブル...

coffee uno

Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう