エチオピアのコーヒー流通について(2)

国際価格の変動に翻弄される生産者の収入を安定させるため、二つの大きな動きがありました。

一つ目が、農業協同組合です。

1999年、オロミア農協(Oromia Coffee Farmers Cooperative Union)が設立されました。オロミア農協は、フェアトレード、オーガニック、レインフォレストなどの認証を取得し、オロミア州のコーヒーを、認証付きのコーヒーとして国際的に流通させることに成功しました。粗利益の70%は地方の協同組合(Primary Cooperative)に還元される仕組みです。

地方の協同組合には農協からトレーナーが派遣され、サステナビリティに配慮した生産方法を伝えます。

オロミア農協の取り組みは『おいしいコーヒーの真実(英題:Black Gold)』という映画になり、一躍注目を集めました。

その後、2008年、エチオピア商品取引所(ECX: Ethiopia Commodity Exchange)が設立されました。ECXはエチオピア政府と提携した民間企業です。ECXはコーヒーの他にも、ゴマ、とうもろこしなど穀物全般を取り扱っています。

それまで、コーヒー生産者に市場価格を知るすべはなく、マーケットにチェリーを売りに行っても価格交渉の余地はなく、品質による判断は一切なされませんでした。そこにメスを入れたのがECXでした。

ECXは、生産者に市場価格の情報を共有しました。ECXのWebサイト、取引所の電光掲示板、SMS、電話(フリーダイヤル)で、誰もが情報を入手することができるようになりました。コーヒーを九つの主要生産地に分類し、Yirgachefe G1、Sidamo G2のように等級分けしました。

農協とプランテーションコーヒー(民間企業や国が所有する農園)以外のコーヒーは、ECXにて生産地認定とグレーディングを受けることが義務付けられ、オークションで取引されるようになりました。

ここでポイントとなるのが、ECXは、当時約96%を占めていたコモディティ・コーヒーのための仕組みであり、スペシャルティ・コーヒーの流通を主眼に置いてはいないという点です。

ECXによって、エチオピアに流通するコーヒーは、生産地の地方名とグレードしか分からない状態になり、それまで、特定の精製所とダイレクトトレードをしていた輸入業者にとっては、トレーサビリティが不透明になり、信頼関係や精製所に対する投資が意味をなさなくなりました。

2009年、ECXとSCAA(現在のSCA)との協議が持たれ、Qグレーダーによる品質評価を導入するなど、スペシャルティ・コーヒー業界への歩み寄りがありました。

また、2017年、ECXは規制を緩和し、個人経営の精製所であってもライセンスを取得すれば直接輸出することが可能になりました。これによってトレーサビリティは確保されたと言えます。

この規制緩和によって、新たなスタイルの輸出業者が台頭してきています。例えば、精製技術を持った人や、コーヒー農園の土地の所有者が輸出のライセンスを取得し、個人で輸入業を開始しているのです。

2019年にオランダの輸出業者Traboccaが開催したエチオピアのオークションThe Ethiopian Cupのウィナーの中にも、そのような新星が散見されました。

2020年は、エチオピアで初めてCup of Excellenceが開催されます。これによってエチオピアのスペシャルティ・コーヒーはどのような変化を遂げるのか、注目を集めています。

参考サイト:Promar Consulting

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です