Finca Isabel Fernando Calle

Fernando Calleフェルナンド ・カイエ

Finca Isabelフィンカ イザベル

Spacer

ボリビア最終日。私たちはカラナビから首都ラパスに戻り、フアンさんの精製所で最後のカッピングをした。フアンさんは今回訪問した生産者のものに加え、いくつかのロットを追加して準備してくれた。
追加されたロットの中で、ひときわ個性的なブルボンとゲイシャのナチュラルがあった。
これは是非オファーリストに掲載したい思い、フアンさんに生産者について尋ねたら、中庭をブラブラしている大学生のような風貌の男性を指して「彼だよ」と行った。それがフェルナンドさんだった。

Spacer

パーカーとジーンズ姿で、笑うとあどけない感じさえある彼だが、昨年大統領カップで一位を獲得した生産者だという(後日談だが、2021年2月に開催された大統領カップでも一位を獲得し、なんと約37,000円/kgで落札された)。たまたま来ていた彼をフアンさんが「日本からお客さんが来るから」と引き止めてくれたらしい。こんな出会いがあるからこそ、生産地に足を運ぶ価値がある。

カッピングを終えて、中庭に座っていたフェルナンドさんに話しかけた。

Spacer

「私はカラナビの農家に生まれました。コーヒーではなく果物の農家です。幼い頃から農業に興味があり、大学で農学を専攻しました。農業を学ぶにつれて、ボリビアに貢献できる作物に携わりたいと考えるようになり、コーヒーを学ぶことに決めました。

コーヒーの世界は魅惑的で、知れば知るほど惹かれました。さらにコーヒーを深めるために海外で学べる場所を探しているとき、パナマで最も有名なコーヒー農園、エスメラルダ農園の農園主プライス・ピーターソン氏と出会いました。

プライス氏は私を招き入れてくれて、大学卒業後もエスメラルダ農園で働かせてくれました。そのおかげで私はパナマで家族を持つこともできました。でも、やはりボリビアが恋しくなり、五年前に小さな土地を購入しコーヒー農園を始めました。」

Spacer
Spacer

「私たちの農園は森林と一体化していて、自生している植物や、森に棲みついている動物をそのままの状態に保ちながらコーヒーを育てています。初めの頃は、この土地でコーヒー農園はできないだろうと言われたこともありましたが、先入観には囚われず、ここまできました。

今私が特に注力しているのは、品種の研究です。例えば、私の農園ではゲイシャの収穫時期が雨季と重なり、チェリーの状態が悪くなってしまうリスクがあるのですが、品種改良によって雨季の前に収穫できるようになりました。研究途中でまだ名も無い品種をコスタリカから持ってきて、ゲイシャと掛け合わせたのです。そんなふうに品種や精製方法の実験を繰り返しているので、今年は二十種類のナノロットができました」

Spacer

インタビューを終えて具体的なオファーの話になると、フェルナンドさんは「妻と相談するね」と言って、そそくさと奥さんに電話を掛け始めた。コンペティションには幼い息子さんの名前で出場し、先日のオンラインイベントでは奥さんの影から少し顔を出すのみという、なんとも控えめなフェルナンドさん。今日もマニアックな研究に勤しみ、世界を驚かせる数々のスーパーロットを生み出しているのだろう。次のクロップはどんなコーヒーを体験させてくれるのか、楽しみでならない。

Fernando Calle

Finca Isabel
Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう