Spacer

Pharos Coffee

2019年、台北で産声をあげた自家焙煎コーヒー店・Pharos Coffee(ファロスコーヒー)。東京・神保町に1号店を構えるという当初の計画はコロナ禍で延期となり、先に台北店をオープン。神保町店は2021年冬のオープンを見込んでいる。コーヒーの焙煎、抽出を担当しているシェイ・ライアン氏とブランディングなどを担当しているイー・ユアン氏、共同創業者のお二人に話をうかがった。 言葉がコーヒーへの理解を手助けする 台湾に拠点を構えるファロスコーヒーのホームページは、英語、中国語、日本語の3ヶ国語に対応している。現在、台北にカフェを構えているファロスコーヒだが、当初は日本の東京・神保町に1号店をオープンする予定だった。運営を担当しているユアンは言う。 「昨年コロナ禍に見舞われたために、開業を延期せざるを得なくなりましたが、ユニークな外国人客を引き寄せる古本の街・神保町で、いろんな国の人々に知っていただくところから始めたかったのです。 ライアンが焙煎するコーヒーの味がすばらしいので、一つの店で提供するだけではもったいない。実店舗という形に縛られず、より多くの人に届けたい。そう考えているので、オンラインストアを中心に全世界に展開していくつもりです。 お客様にとっては、物理的距離や空間に制限される...

Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう