企業活動とソーシャルインパクトの両立を当たり前に。ESG事業推進の中核メンバーを募集!

この仕事について
TYPICAは、経済成長と社会的インパクトを一貫して実現できるビジネスモデルを追求しています。
一般的なコーヒーの買取価格は投機的な性格が強い先物市場で決定されるため、コーヒー生産者全体の67%を占める小規模生産者は、自身で生産したコーヒーの正当な対価を得ることができず、約半数が今も貧困状態にあります。
一方で、企業にはサステナビリティ調達へのコミットメントが求められる時代となり、サプライチェーン全体を通したGHG排出量や生産地における人権保護状況の可視化は急務です。その点、TYPICAが推進しているダイレクトトレードは、環境負荷や人権保護状況も含めた完全なトレーサビリティを実現できる、今の時代にふさわしい取引形態と言えます。
TYPICAのプラットフォームでのダイレクトトレードを通じて生産者の収入が増えれば、生産者の貧困も解消に向かい、地域の人権問題や環境負荷も緩和されていくでしょう。
TYPICAは、これからのコーヒー産業の世界基準となるサステナブル調達の仕組みづくり、そしてより広い文脈でのソーシャルインパクトの最大化を実現する中核メンバーを募集します。
業務内容
ESGやサステナビリティに関係する多様なプロジェクトを推進するとともに、TYPICAがダイレクトトレード事業を通してソーシャルインパクトを最大化するための新たなプロジェクトの企画や運営を担っていただきます。

TYPICAのプラットフォームには、コーヒーのサプライチェーン全体(コーヒー生豆の生産から、国際輸送を経てロースターの手元に届くまで)におけるGHG排出量を可視化する機能が間もなく搭載されます。ソーシャルインパクト部門は、実際のシステム開発を担うプロダクトチームと連携しつつ、GHG排出量の算定に必要なデータ収集の効率化を目指した実証事業を計画しています。コーヒー生産国の政府機関などとの連携体制の構築や生産者への働きかけも含めて、国内外での幅広い業務を通してこの取り組みを推進していただきます。

長期的には、2030年にコーヒー産業全体のカーボンニュートラルを実現することを目指し、美味しいコーヒーを育てるために重要なシェードツリーの植樹を推進する取り組みや、コーヒー生豆の買い手企業を巻き込んだ世界各地でのコミュニティ支援事業も始動予定です。こうしたソーシャルインパクト関係の取り組み全般を、当該領域を統括する執行役員のもとで企画管理していただきます。

企業が経済成長と社会的インパクトを一貫して実現できることを世に示し、企業が事業活動をとおして社会をより良くしていくことが当たり前になる未来を、ともに切り拓きましょう。
資格・必須スキル
・日本語および英語での高いコミュニケーション能力
・社内外の多様な関係者との調整能力、交渉力
・論理的思考力
・PC スキル(特にスプレッドシートでの集計・分析など)
・企業、NGO、国際機関等で国際協力や海外事業での現場経験(業務調整、現地での事業推進など)が3年以上あり、かつ公的資金事業を責任者として運営管理した経験が2年以上あること
・国際的な環境で外部組織や政府機関との交渉や関係構築を行った経験(歓迎)
・スペイン語またはフランス語でのコミュニケーション能力(歓迎)
求める人材
・企業活動を通した社会課題の解決に強い意欲を持ち、前例のない取り組みを主体的に推進するために必要な幅広いスキルセットを備えている方
・目標達成に向かって全力で努力し、改善改良を続けられる人
・プロジェクトマネジメントの高いスキルを持っている人
・誰かを想って何かをすることに、最大級のパワーを発揮できる人
・自律的に行動できる自己管理能力の高い人
・調査研究経験がある人(大学院卒業者歓迎)
勤務時間・曜日
フレックスタイム制(実働1日8時間)
休日・休暇
法定休日に従って、ご自身で休日を設定して頂きます。
給与
能力・経験・前職年収を基に決定いたします。
福利厚生
社会保険完備/交通費規定支給/昇給有り /賞与(業績連動)
勤務地
※テレワーク想定ですが、大阪と東京いずれかの事務所に出勤できると尚可
TOKYO HOME
〒107-0052 東京都港区赤坂2-22-21 クラスアクトビル B1F
OSAKA HOME
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場4-12-8 関西心斎橋ビル8F

応募フォーム







    ※PDFの添付失敗等によりフォームの送信にエラーが出た場合は、大変お手数ですがhello@typica.jp宛まで直接お問い合わせください。

    ※アップロードできるPDFの最大サイズは、1ファイル辺り10MB以下となります。