PrimaVera Coffee -Pedro Perez

STORY
「A’kta’j」は、亡くなった人々のために墓を飾る植物を表すポプティ語(マヤ語に属する言語)の言葉です。その言葉には、地域の生態系とユニークな土地の文化が現れています。ペドロ・ペレスの農園の名前は、このいたるところで見られる植物に由来しています。彼は2008年に農園を相続し、コーヒーを植えることにしました。土地は家族と共有し管理しています。ペドロはエル・センデロ協同組合の誇り高いメンバーであり、協同組合を通じて組織されたトレーニングを受け、多くの農業に参加しています。ウエウエテナンゴ地域のコンセプシオン・ウイスタにあるエル・センデロ協同組合は、協同組合は2016年に設立され、コーヒー生産者のサポートと情報提供を行っています。196人のコーヒー生産者が所属し、62人が女性、134人が男性です。この協同組合は、若いコーヒー生産者のジェンダーの平等にフォーカスしています。

未来について
ペドロは家族とともに農園で働き、協同組合の活動に参加し続けます。

生産者の思い
「協同組合は、クオリティを上げるための収穫後のトレーニングを大幅に支援してくれました」

詳細の情報はこちら