PrimaVera Coffee -Juan Vargas Ramirez

STORY
Juanは初代のコーヒー生産者であり、エル・センデロ協同組合の誇り高いメンバーです。Q’ejna、マムマヤ語で「古い家」は、以前にあった古い家にちなんで名付けられました。その家は、1980年代にグアテマラを荒廃させた武力紛争中に、兵士の分遣隊に使用されていました。現在、この平和な時代に、Juanはここで農業を営むという夢を実現しました。

彼は長年、労働者としてコーヒーチェリーの収穫をしており、こどもの頃から、作物の栽培と、苗床から農場への植物のケアに興味がありました。初期の頃、高いコストと低いコーヒーの価格は、Juanにとって大きな課題でした。現在、ローカルの農家は、エル・センデロ協同組合によってオーガナイズされ、プリマヴェーラのようなバイヤーが、Juanのような素晴らしいコーヒーを高価格で購入することが可能になりました。

エル・センデロ協同組合は、共同製作者のサポートと質の高いトレーニングを提供しています。組合は2016年に設立され、196人の生産者メンバーがいます。そのうち62人が女性で、134人が男性です。メンバーはジェンダーの平等に焦点を当て、特に若い生産者をサポートしています。

未来について
ルイスは引き続きエル・センデロ協同組合と提携して品質を向上させ、コーヒーを販売します。

生産者の思い
「コーヒーの栽培への情熱によって、毎朝ベッドから出て農場に行き、最良の仕事をすることができました。現在、エル・センデロ協同組合のおかげで、私たちは小規模生産者と団結し、グアテマラの遺産であるコーヒーという作物の持続可能な価格を達成できるのです」

詳細の情報はこちら