エチオピアのコーヒー流通について(1)

前回は、エチオピアのコーヒー生産地についてお話しました。

生産地で収穫されたコーヒーは、どのような経路で流通し、私たちの手元に届くのでしょうか。コーヒーの流通の歴史と仕組みを見てみましょう。

コーヒーは、小麦やとうもろこしなどの穀物と同じコモディティ商品(価値がすべて同じ商品)で、先物取引が行われます。先物取引とは、現物ができあがる前に、あらかじめ未来の価格を決めておくことです。購入する側にとっては値上がりのリスクヘッジになりますし、販売する側にとっては未来の収入を確定できます。投機家は値上がりしそうな銘柄に資金を投入し、利潤を得ます。

アラビカ種はニューヨーク商品取引所で、ロブスタ種はロンドン商品取引所で先物取引が行われます。

アラビカ種の先物取引の銘柄は、下記の三つに分けられます。

・コロンビアマイルド(コロンビア、ケニア、タンザニアのウォッシュド)
・アザーマイルド(その他生産国のウォッシュド)
・ブラジルナチュラル(ブラジルやエチオピアなどのナチュラル)

主に需要と供給のバランスで、毎日国際価格(C-market price)が変動します。国際価格が大きく上下することで、生産者の生活は不安定になります。

1962年に、国際コーヒー機関(ICO: International Coffee Organization)が、国際コーヒー協定(ICA: International Coffee Agreement)を定めました。流通するコーヒーの量を制限することで、需要と供給のバランスを取り、価格の安定を図ったものです(輸出割当制度)。しかしながら、生産国や消費国の不満、アメリカのICO脱退を契機に、1989年に輸出割当制度は停止しました。

輸出割当制度の停止後も、コーヒー消費量は年々増え続け、投機の対象としての人気は衰えず、コーヒーの国際価格は大きく上下しています。また、最大の生産国ブラジルの生産量や経済が大きく影響します。2019年にコーヒーの国際価格は大暴落して、生産価格より国際価格が安くなるとも言われましたが、その背景には、ブラジルが豊作であったこと、レアル安(ブラジルの通貨が安くなった)がありました。

エチオピアの生産量は世界の約5%と、国際価格に与える影響は少ないにも関わらず、先物価格で取引されるので、生産者は翻弄されてしまいます。そのような状況の打開策が、いくつか立ち現れます。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA