FELT Coffee ソン・デウォン/キム ・ヨンヒョン

FELT Coffee

ソン・デウォン/キム ・ヨンヒョン

「名前に深い意味はない」文化を育てるハイセンスなコーヒーブランド

2015年、「できる限りコーヒーに集中できる環境を整えた」ショールームをオープン後、新たに2店舗のカフェを展開してきたFELT Coffee。どの店舗もおしゃれで洗練されている一方で、あえて統一感を持たせていない空間デザインが特徴だ。数年来の友人で、コーヒーの好みや視点、こだわりが似通っていることから、ごく自然ななりゆきでFELT Coffee を創業したキム ・ヨンヒョン代表とソン・デウォン代表に話をうかがった。

写真:Sungmo Yang

個性を守りながら調和させる

現在、ソウル市内に3店舗(ショールームが1店舗、カフェが2店舗)と、トレーニングセンターを兼ねた焙煎所を運営しているFELT Coffee。

キム ・ヨンヒョン代表はこう話す。「ショールームの機能を持たせた倉前洞(チャンジョンドン)店を最初に開いたのは、いい素材でいいコーヒーを作っていること、そしてブランドとしての考え方やスタンスを伝えることに重点を置いていたからです」 

倉前洞店の店内にはテーブルもなく、簡素な長椅子があるだけで、客がゆっくりくつろげる空間ではない。「長椅子に座ったお客さんが、店内でコーヒーを淹れるバリスタの姿を眺められる」ように設計したという。

「できる限りコーヒーだけに集中できる空間にしたかったので、それを阻害するような装飾的な要素はなるべく排除しました。提供する側としても、機械や道具類も含めて、コーヒーをおいしくつくるのに集中できる最小限のものだけで構成しています」

そういう意図が伝わったのか、立地条件があまりよくない倉前洞店には、コーヒーを飲むためにわざわざ訪れる客も多かった。現在は、「日常で気軽に楽しんでもらう」ことを優先し、他店舗と同様、タルトなどのスイーツを提供している。ショールームに次いで、カフェをオープンする流れは、創業前から思い描いていたという。

「店舗はこれからも、ソウルや首都圏を中心に、どんどん増やしていこうと思っています。ただし、スピーディーに多くの店舗を展開するのではなく、条件のいい場所を見つければ増やすというようなスタンスでじっくり積み上げていくつもりです」(ソン・デウォン)

そんなFELT Coffeeを特徴づけるのが、都会的で洗練された店舗空間だ。それぞれの店舗空間をデザインする際は、すべて違う空間デザイナーと仕事をしたという。

「1号店の倉前洞(チャンジョンドン)店)は、以前から使っていたピアノ教室の看板をそのまま活用していますし、地下にある2号店の光化門(グァンファムン)店は、店の前にある庭も店の一部と捉えて内外の空間をうまく調和させています。また、3号店の島山公園店では、韓国発の世界的なファッションブランド『ジュンジ(JUUN.J)』とのコラボレーションにより、JUUN.JとFELT Coffeeのイメージを融合させています。

空間にもアイデンティティがあるので、同じデザインをあちこちにコピペするのではなく、いろんな形に変化するFELT の姿を見せたかったのです。空間の特性とFELT のアイデンティティ、そして空間を解釈するデザイナーのセンスが合わさった、どんな場所にもうまく調和するような空間づくりをこれからも続けていこうと考えています」(ソン) 

Spacer

日常で気軽に楽しめる、すこし特別なコーヒーを

FELT Coffeeが販売するドリップバッグコーヒーのパッケージには、ハリネズミやフクロウ、コウモリのイラストが描かれている。コーヒーとは関連がないように思えるが、これらの動物を選んだ理由は何なのだろう?

共同代表のソン・デウォンは言う。「デザイン会社のイラストレーターが提案してくれたのですが、ドリップバッグというのは自宅でも気軽に楽しめる商品です。いつでも飲めるドリップバッグなら、カフェがすべて閉まっている夜中でもコーヒーを楽しめる。夜行性の動物のイラストを通して、そんなことを表現したかったのです」

インタビューでも繰り返し語られた「日常で気軽に楽しめるコーヒーを提供したい」という思いこそ、2015年の創業時から変わらぬFELT Coffeeのビジョンである。

「でもそれはありきたりの平凡なコーヒーではなく、少し特別感のあるコーヒーです。私たちは、スペシャルティコーヒーを手が届きやすいものにしたいのです。

そのために追求していることが3つあります。まず1つ目がコーヒーの品質です。毎年生産地に足を運んで新しい農場を訪れるなど、常に高品質なコーヒーを安定的に仕入れられるように努力し続けています。現在、ダイレクトトレードで仕入れている生豆は半分ほどですが、徐々にそのウエイトを増やしていきたいと思っています。

2つ目はカスタマーサービス。店舗でもスペシャルティコーヒーを気軽に快適に楽しめる雰囲気や空間づくりを心がけています。

そして3つ目は、さまざまな楽しみ方を提供すること。ドリップバッグやコールドブリューのように、家でも楽しめる商品を開発するだけでなく、一般消費者を対象に、家でおいしいコーヒーを淹れるための知識や技術を自社のトレーニングセンターで提供しています」(ソン)

共同代表のキム・ヨンヒョンも口をそろえる。「私たちがダイレクトトレードを実践しているのは、常に素材の本質を重視しているからです。一杯のコーヒーが作られるまで、生産者からバリスタまでたくさんの人たちの手がかかっている、その手間や努力が“特別”だと思っています」

FELT Coffeeでは、毎週1~2種類の新しいコーヒーをラインナップに加えるなど、消費者に飽きさせない工夫も凝らしている。手を伸ばせば届くところにある絶妙な特別感こそ、FELT Coffeeの真価なのかもしれない。

Spacer

スペシャルティコーヒー文化を育てたい

キム ・ヨンヒョンがコーヒーの世界に入ったのは、兵役を終えた後、母が運営するコーヒーチェーン店を手伝うようになったことがきっかけだ。接客を通して客と会話するおもしろさを知ったところから、会話を弾ませるツールとなるコーヒーについて勉強し始めたという。

そんな興味の延長線上で、キム ・ヨンヒョンは自分が飲みたいコーヒーを紹介するスペシャルティコーヒー店「Mad coffee」をオープン。やがて他のコーヒー店で働いていた友人のソンと出会い、自然に共感し合えるところも多かったことから、2人でFELT Coffeeを立ち上げたのだ。

20代後半頃、ロンドンに留学し、ファッションについて学んでいたソン・デウォンには、韓国の大学に通っていたときからカフェで3年ほどバリスタとして働いていた経験がある。

「ロンドンで初めてスペシャルティコーヒーやエスプレッソの文化に触れたときに印象深かったのは、コーヒーがひとつの文化として人々の暮らしに根づいていること。一方韓国では、コーヒー市場がカフェに限定されているところがあり、かつスペシャルティコーヒーもまだほとんど知られていない。そんな場所で、イギリスのようなコーヒー文化を育てていきたいと思ったんです」

ある国や地域で文化を育んでいくためには、ブランドとして守るべきところは守りつつも、人々の多様なニーズに合わせて間口を広げる必要もある。FELT Coffeeがショールームからカフェを展開し、トレーニングセンターで一般人向けの講習を行っているのも、その意図によるものだ。「FELT Coffee」というブランド名にはまさに、彼らの考え方が表れている。

「友人やまわりの人の意見を参考にしながらリストアップしたいくつかの候補から、最終的に選んだのがFELTです。意味や内容よりも文字の形や音の響きがチャーミングで、覚えやすく、私たちもすごく気に入りました。

そもそも、ブランドのかっこよさは、名前によって決まるのではなく、その名前を使っている会社や人の在り方や歩み方で決まるもの。だから私たちは、名前の意味については重要だと思っていなかったんです」

自己主張や押しつけがましさのようなものを一切感じないが、大衆に迎合しているわけでもない。FELT Coffeeブランドには、「にじみ出るオリジナリティ」という最大の魅力がある。ムダなものを極限まで排したブランドデザインと同様に、決して多くを語らず、淡泊にすら聞こえる彼らの静かな語り口は、自分たちのブランドに対する揺るがない自信の表れだろう。本当にかっこいいものは、その佇まいで多くの人を魅了する。彼らはそう信じているのかもしれない。 

数年来の友人で、コーヒーの好みや視点、こだわりが似通っているキムとソンがごく自然ななりゆきで事業を始めたように、FELT Coffeeが提供するコーヒーも、いつのまにか生活者の日常に溶け込んでゆくのだろう。

文:中道 達也

Spacer

MY FAVORITE COFFEE人生を豊かにする「私の一杯」

ソン・デウォン:ソウルのカフェには、私たちが焙煎したコーヒー豆を使っている店や友達の店が多いので、海外や地方に旅行したときに飲むコーヒーが記憶に残ります。宿の近くにあるカフェで朝早い時間にコーヒーを飲むひとときは、純粋にコーヒーを楽しめている感じがします。だから旅行するときはいつも、近くにそういうカフェがあるかどうかを調べたうえで宿を決めています。

キム ・ヨンヒョン:私も彼と同じで、旅行先で偶然出会うそんなカフェが好きですね。趣味の釣りをしながらコーヒーを気軽に飲むのも好きなので、釣りに行くときは必ずコーヒーセットを持っていきます。

Spacer
Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう