Spacer

ROASTER'S COFFEE 焙煎屋 (警固店)

1988年当時、まだ珍しかった「豆売り専門店」として福岡で創業した「ROASTER’S COFFEE 焙煎屋」(以下、焙煎屋)。「自分たちは不器用だから」と、30年以上経った今もカフェはつくらず、オンラインストアも開設していない稀有な存在だ。二代目として焙煎屋の味を守り続ける平山謙吉さんに話をうかがった。 ※文中敬称略 素材の力に頼らない 焙煎屋の朝は、謙吉と父の悟によるコーヒー豆の選別作業(ハンドピック)から始まる。農薬をあまり使っていない生産者のコーヒー豆には、「欠点豆」と呼ばれる未熟豆や虫喰い豆が少なくないからだ。 「欠点豆の多くは決定的に味を損ねるわけではないのですが、取り除くことで抽出時の透明感や甘味の均一感が変わります。また、決定的に味を損ねるカビ豆などの場合、仮に100gの中に一粒しか入っていなかったとしても、それを一度に挽いて粉にした時点ですべてに混ざり、品質に影響してしまいます。できるだけそういうものがお客さまの手に渡らないようにしたいんです。 前提として、生産者の方々がこだわって、高品質なコーヒー豆を作ってくださっているので、そのまま焙煎しても十分おいしいコーヒーができます。でも、素材の力に頼るばかりではなく、自分たちも手をかけてよりよいものにしたいん...

Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう