Spacer

Oasis Coffee Roaster

お茶文化のイメージの強い台湾では、ここ数年「コーヒー文化」が盛り上がりを見せている。首都・台北で今、台湾のコーヒー文化に新しい風を吹きこもうとする一人のロースターがいる。2018年創業の「Oasis Coffee Roaster(以下、オアシスコーヒー)」のオーナー、育達(Chu Yuta)さんだ。映画業界にいた彼が、一杯のスペシャルティコーヒーに魅せられ、台北で人気カフェを営むに至った3年間の軌跡とその想いに迫る。※文中敬称略 一杯のコーヒーとの出会いが生んだオアシス 台湾の首都・台北では、ここ数年で自家焙煎をうたうコーヒー店が急増するなど、質の高いロースターやカフェが次々と登場し、しのぎを削っている。創業3年となるモダンな店構えの「オアシスコーヒー」には台北の街に暮らすおしゃれな若者たちが集う。 「台北は日本の環境とよく似ていて、カフェや焙煎所が街中に溢れています。そのなかから僕たちのお店を選んでもらうために、台湾では珍しいコーヒー豆を扱うなど他店舗との差別化はいつも意識しています。 そして、その特別な一杯を手軽に楽しみながら、コーヒーについてもっと知りたくなる店づくりをしたいと思っています」 ロースターになるまでは、映像クリエイターとして映画制作に携わっていた育達。異業界へ飛び...

Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう