Spacer

KUROMON COFFEE

2019年、福岡市中央区黒門にオープンしたKUROMON COFFEE。店主の八田洋輔さんは、教師の仕事を辞めたのを機に地元宮崎を離れ、福岡と東京で10年以上にわたりコーヒーを追究してきた。「町の人の生活に溶け込むものをつくりたい」そんな思いで店を営む傍ら、調理師専門学校の講師を務める八田さんに話を伺った。※文中敬称略  主張しないコーヒー店 世の中にコーヒー店やカフェが溢れる時代、コンセプトや店主の思いを打ち出す店が大半だ。だがKUROMON COFFEEは、あえてそれをしない。公式サイトやSNSには店のスローガンや人の写真が一切なく、「KUROMON COFFEE」という店名も、店主の存在や思いをアピールしているものとは思えない。分かるのは、地名がそのまま使われていることだけだ。 「その土地の風景や生活に溶け込むものを作りたくて。変にこじゃれた名前ではなく、町の皆さんに耳なじみのある名前の方がいいと思ったんです」 店名の由来にもなっている黒門は、福岡市の中心部にあり、市民の憩いの場となっている大濠公園に隣接した住宅街だ。KUROMON COFFEEは、そこに90年ほど前からある古民家を改装して作られた。とはいえ、昔ながらの雰囲気は存分に残っている。 「今まで長い間使われ...

KUROMON COFFEE

[営業時間]
12:00-17:00
[定休日]
金曜日
Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう