Spacer

Fritz Yangjae

扱う生豆の90%以上をダイレクトトレードで仕入れて自家焙煎している「Fritz(プリッツ)Coffee Company」。ソウル市内で4店舗のカフェを経営する傍ら、国内を中心とした約850社にコーヒー豆の卸売を行い、韓国のコーヒー業界に大きな影響を与えている会社だ。約90名のスタッフ全員を、正社員として雇用するなど、独自の組織づくりも注目されている。 創業メンバーは、有名な生豆バイヤーや韓国バリスタチャンピオンシップの優勝者、焙煎士など、すでに実力も知名度もあった5人。いったい彼らはなぜ、ともに会社を創業することにしたのだろうか。焙煎や財務を担当する共同経営者のひとり、キム・ドヒョンに、その真意を聞いた。(文中敬称略) まず取り組んだのは、理念をつくること 韓国の伝統様式で建てられた家「韓屋」スタイルの一号店や1950~60年代のホテルを彷彿とさせる三号店など、外観から内装まで、レトロな雰囲気をセンスよく再現しているFritz Coffee。オットセイが描かれたロゴにもハングル文字を使うなど、韓国文化を積極的に取り入れた「コリアン・ヴィンテージ」をコンセプトに掲げている。 店内で提供されるのは、バリスタが丁寧に淹れたコーヒーに加え、専門チームが毎日つくる焼きたてのパンだ。時間がゆっく...

Fritz Coffee Company

[営業時間]
月〜金:8:00-20:30 土日:10:00-20:30
Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう