Spacer

Carmelo Yujraカルメロ・ユフラ

Finca Senda Salvaje フィンカ センダ サルベージ

私たちはフアンさんと一緒にカラナビ地区を旅した。フアンさんのところで精製している小規模生産者と会うためだ。 首都ラパスから車で六時間。すっかり夜も更けた頃、カラナビのホテルに到着した。コロナの影響もあり閑散としたリゾートホテルは寂寥感すら漂っていたが、インターネット環境と温かいシャワーを備えたホテルは、カラナビで唯一ここだけとのこと。ここに数日間腰を据える。 翌朝、Finca Senda Salvajeという農園に向かった。農園名の意味は「野生の道」。農園の周りをジャガーなどの野生動物がうろうろしているらしい。この農園の主は、カルメロさんご夫妻。農園の門をくぐると、こどもたちと犬がころころと走り回っていた。お兄ちゃんと妹。お兄ちゃんは妹の髪の毛をいたずらで切ってしまったらしい。 カルメロさんはカラナビ地区の生産者のリーダー的存在で、彼を中心に新しい生産者のコミュニティが生まれている。新世代の生産者クアトロリャマスのアンディは、カルメロさんの農園の隣で、二年半前から生産と発酵の研究をしている。...

Finca Senda Salvaje