Spacer

マルハチ珈琲焙煎舎

北九州戸畑地区の県道沿いにたたずむ一軒家cobaco tobataは、元産婦人科医院を改装した5つの店舗が集う建物だ。その一階に、八児美也子さんが2017年に開業した「マルハチ珈琲焙煎舎」がある。 大手企業のコールセンター勤務から一転、35歳で飛び込んだコーヒーの世界は、自分自身に向き合う機会と、経営の厳しさ、業界の奥深さ、そして人の温かさとそこからつながる世界の広さを教えくれたという。※文中敬称略 一冊の本との出会い 木とすりガラスでできたレトロな扉を開け、昭和の雰囲気が残る廊下のすぐ右手、日の光が優しく差し込む一角にたたずむマルハチ珈琲焙煎舎。もうすぐ5年目を迎えるその空間には、ホットミルクを飲みに来る夜勤明けの人、仕事の悩みを抱えて相談しに来る人、妊婦時代から通う子供連れの親、ふらっと立ち寄る同業者など、安心できる時間を求めて様々な人が訪れる。 縁側―それが、マルハチ珈琲焙煎舎のコンセプトだ。日常と非日常の境目があいまいになる場所、外と中をつなぐ境界線、心地よい出会いがある場所。店主の八児がそんな店づくりを目指した根底には、子供時代の原風景がある。彼女は、現在店舗を構える福岡県北九州市から車で一時間ほどの大野城市で生まれ育った。  「近所のおじいちゃんやおばあちゃんがおかえりと...

マルハチ珈琲焙煎舎

Find Roasters!

近くのロースター
を見つけよう