Moplaco Yirgacheffe Gedeb Washed

生産者情報はこちら
テクニカル・データはこちら
写真ダウンロードはこちら

STORY
このコーヒーは、Tamerat Alemayehouという農家からチェリーを購入し、イルガチェフェのコチェレにあるミルで精製したものです。チェレレクツのドライミルを訪れましたが、発酵の日数など様々な条件違いのナチュラルコーヒーが作られており、厳密に管理されていました。倉庫の壁に断熱材を貼り、温度と湿度を高く調整し、発酵を促しているそうです。非常に丁寧につくられている印象を受けました。

チェレレクツのドライミルは、花壇に囲まれた美しい場所で、ゲストハウスが併設しており、そちらに泊めて頂きました。朝、スタッフの方が裏手にある集落を案内して下さいました。コーヒーの森の間に民家が点在しており、コーヒーの木が密集している場所で、お母さんとこどもが一緒にチェリーを摘んでいるシーンに遭遇しました。エチオピアにおいてコーヒーは、本当の意味で生活の一部なんだと実感した体験でした。

Map

Moplaco Yirgacheffe Adame Natural

生産者情報はこちら
テクニカル・データはこちら
写真ダウンロードはこちら

STORY
モプラコ社のチェレレクツにあるドライミルで、こちらのコーヒーは精製されました。Adameはイルガチェフェ周辺のエリアの名前で、近隣の小規模生産者からチェリーを購入しています。チェレレクツのドライミルを訪れましたが、発酵の日数など様々な条件違いのナチュラルコーヒーが作られており、厳密に管理されていました。倉庫の壁に断熱材を貼り、温度と湿度を高く調整し、発酵を促しているそうです。非常に丁寧につくられている印象を受けました。

チェレレクツのドライミルは、花壇に囲まれた美しい場所で、ゲストハウスが併設しており、そちらに泊めて頂きました。朝、スタッフの方が裏手にある集落を案内して下さいました。コーヒーの森の間に民家が点在しており、コーヒーの木が密集している場所で、お母さんとこどもが一緒にチェリーを摘んでいるシーンに遭遇しました。エチオピアにおいてコーヒーは、本当の意味で生活の一部なんだと実感した体験でした。

Map

Moplaco Sheka Kawo Kamina G1 Natural

生産者情報はこちら
テクニカル・データはこちら

STORY
シェカ地方はエチオピアの南西部に位置します。2018年、モプラコ社の代表エレアナはこの地に自社農園をつくりました。それがカヨ・カミノ農園です。シェカの森は非常に豊かな自然に溢れており、鳥類、動物、森林の保護区でもあります。このコーヒーはフォレストコーヒーで育まれました。エレアナはスペシャルティ・コーヒーのサステナビリティについて問題意識を持ち、カヨ・カミノ農園のプロジェクトを立ち上げました。

エレアナとイルガチェフェ近郊を車で走っている時、外の景色を指し、「このチャット(覚醒作用のある噛み煙草のようなもの)の畑は一年前まではコーヒー農園だったのよ。一年で本当に多くの農園が失われてしまった」と語りました。コーヒー農園が失われる原因は、気候変動による栽培の困難や、生産者の貧困など様々です。このような現状がエレアナを突き動かしたのだと思います。

エレアナはシェカの森を訪れることを強く勧めてくれましたが、首都のアディス・アベバから数日かかるため、スケジュール上叶いませんでした。いつか必ず訪れたいと思います。こちらのロットは特別なマイクロロットではなくスタンダードなナチュラルですが、多くの方にこのコーヒーに触れて欲しいという私たちの思いから、提案させて頂くことになりました。

Map

PrimaVera Coffee -Angelina Mendez Torres

STORY
Angelina Mendez Torresは、Huehuetenango(ウエウエテナンゴ)のConcepcion Huista(コンセプシオン・ウイスタ)で活動する第一世代のコーヒー生産者です。

彼女は、地元の言語マム語で「古い家」を意味する土地でコーヒーを生産しています。この地域には、同じ名前の古い農園がいくつも存在しますが、それはかつて兵士が住んでいた家を意味し、まだその土地に残っているのです。

収穫期、Angelinaは確実に完熟したコーヒーチェリーのみが収穫されるように努めます。つまり、農園に二つの分離した収穫プロセスをつくる必要があります。フローター(欠点豆)は、同日にパルピングされたコーヒーチェリーと分けられています。コーヒーは発酵槽で36時間発酵し洗浄され、その後、もう一度綺麗な水に10時間浸され、パティオで6日間十分に乾燥されます。

Angelinaは「私は貧しい家庭環境で生まれ育ち、15歳から3年間は、ほかの土地に移住しなければなりませんでした。その後、自分の土地を購入することはできましたが、すぐに農業を始められる資源はありませんでした。私は自分が属している協同組合からのサポートとマイクロクレジット(少額融資)を通して、農業を始めることができたのです」と語りました。

Angelinaは、コーヒー生産者にサポートと地元周辺の情報を提供するエル・センデロ協同組合に属しています。この協同組合は2016年に設立され、196人の生産者が所属し、そのうち62人が女性で134人が男性です。この協同組合は男女平等にフォーカスし、特に若い生産者をサポートしています。

生産者の思い
「私は女性であり、マヤ語族のポプティ語を話すので、コーヒー生産について深く学ぶのは非常に困難でした。ですが、協同組合の助けを通じて自らを成長させ、ほかのエリアでもコーヒーを販売できるようになりました」

PrimaVera Coffee -El Mirador

STORY
Margaritoはこの土地を13年間管理しており、その間彼はこの農園を完全に復活させることに成功しました。それは簡単なことではありません。彼が最初に土地を購入したとき、コーヒーの木は古くて手入れが行き届いていない状態でした。彼は農場を復活させるために、慎重に新しい木を播種し、剪定と植物管理を実施しました。コマーシャルコーヒーの価格が下落している最中、そこに投資するのは難しいので、彼らは代わりにスペシャルティコーヒーを生産する方向を選択しました。現在、長年の努力の結果、Margaritoと彼の家族は、信頼できるプリマヴェーラのようなバイヤーとはるかに良い価格で取引できるようになりました。彼は彼と家族のよりよい未来を得るために、自分の収益を農園に投資するように努めています。

未来について
彼はコーヒーの品質に投資し続けたいと願っています。

生産者の思い
「私たち生産者として最良の選択は、この地の環境をうまく活用し、質の高いコーヒーを生産することです。それによって価格が良くなり、農園や精製所に投資を続けることができるのです」

詳細の情報はこちら

PrimaVera Coffee -Juan Vargas Ramirez

STORY
Juanは初代のコーヒー生産者であり、エル・センデロ協同組合の誇り高いメンバーです。Q’ejna、マムマヤ語で「古い家」は、以前にあった古い家にちなんで名付けられました。その家は、1980年代にグアテマラを荒廃させた武力紛争中に、兵士の分遣隊に使用されていました。現在、この平和な時代に、Juanはここで農業を営むという夢を実現しました。

彼は長年、労働者としてコーヒーチェリーの収穫をしており、こどもの頃から、作物の栽培と、苗床から農場への植物のケアに興味がありました。初期の頃、高いコストと低いコーヒーの価格は、Juanにとって大きな課題でした。現在、ローカルの農家は、エル・センデロ協同組合によってオーガナイズされ、プリマヴェーラのようなバイヤーが、Juanのような素晴らしいコーヒーを高価格で購入することが可能になりました。

エル・センデロ協同組合は、共同製作者のサポートと質の高いトレーニングを提供しています。組合は2016年に設立され、196人の生産者メンバーがいます。そのうち62人が女性で、134人が男性です。メンバーはジェンダーの平等に焦点を当て、特に若い生産者をサポートしています。

未来について
ルイスは引き続きエル・センデロ協同組合と提携して品質を向上させ、コーヒーを販売します。

生産者の思い
「コーヒーの栽培への情熱によって、毎朝ベッドから出て農場に行き、最良の仕事をすることができました。現在、エル・センデロ協同組合のおかげで、私たちは小規模生産者と団結し、グアテマラの遺産であるコーヒーという作物の持続可能な価格を達成できるのです」

詳細の情報はこちら

PrimaVera Coffee -El Limar

STORY
El Limarは、この地で長年育つライムの木にちなんで名付けられました。Walfreは、農園で働いていた幼いころから、そのライムの木に親しみを感じていました。彼は両親から長年蓄積されたコーヒーの仕事に関する知識とともに土地を受け継ぎ、誇りを持って彼らの足跡を辿りました。現在コーヒーは家族の主な収入源であり、収穫期には地元の人々を雇用することができます。

未来について
Walfreは今後数年間で、異なる精製方法のコーヒーをつくるために、コーヒーと植物のクオリティを高めたいと思っています。

生産者の思い
「コーヒーは、それを収穫し精製する人々に、意味ある仕事を与えます。コーヒー生産者として、私たちはこの作物を頼りにしています。喜ばしいことの一つは、地元の人を雇用してコーヒーを収穫することによって、仕事を得る機会を提供し、人々が移住して仕事を探す必要がないようにします」

詳細の情報はこちら