PrimaVera Coffee

Introduction
プリマヴェーラコーヒーは、4世代続くコーヒー生産者です。創業者のナディーンは31歳の女性で、農園主で輸出業者の父を受け継ぎ、2013年に同社でスペシャルティ・コーヒーのマイクロロット部門を立ち上げました。彼らは自社所有の農園のほかに、ウエウエテナンゴやフライハーネスを中心とした250件にも及ぶ小規模生産者と繋がりを持ち、そのコーヒーチェリーを自社のミルで精製しています。なぜ最も有名な産地アンティグアではなく、ウエウエテナンゴやフライハーネスに注力しているかというと、アンティグアはすでに大きな輸出業者に独占されており、価格は高く、面白いロットが手に入らないとのことでした。彼らは日本では手に入りにくいマイクロロットへのアクセスを可能にする、貴重な存在です。彼らがユニークなのは、自身がエクスポーターとしてだけではなく、インポーターとしても機能している点です。北米とオランダにオフィスを構えています。アジアにおいてはインポーターの機能が無いので、TYPICAへの参画が実現しました。彼らのコーヒーを日本に紹介するのは、私たちが初めてとのことです。

Person
私たちがプリマヴェーラコーヒーと出会ったのは、昨年のAmsterdam Coffee Festivalでした。たまたま参加したカッピングセッションで、彼らのコンセプトとクオリティに共感し、コミュニケーションを取るようになったのです。創業者のナディーンは、アメリカの大学で学び、イギリスで金融の仕事をして、やっぱりコーヒーの仕事がしたくて故郷に帰ってきたそうです。偶然、若かりし頃のエチオピアのモプラコ社の代表エレアナと同じストーリーです。小柄で、可愛くて、時折ファニーな彼女が世界中のバイヤーとビジネスをしている姿は、とてもかっこよく見えます。同世代の女性ということもあり、ざっくばらんに話せるナディーンとの未来がすごく楽しみです。

Location

HQ

Dry mill at Santa Rosa

Transparency
彼らは自身のHPにてすべてのプロセスにおけるコストと価格を開示しています。